【転送】日本学術会議ニュースメール ** No.283 ** 2011/1/28

2011年1月31日(月)  カテゴリー: メールマガジンの記録

=======================================================================
** 日本学術会議ニュースメール ** No.283 ** 2011/1/28      
=======================================================================
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇ 公開シンポジウム「ヒトの社会と愛〜ラミダス猿人化石からわかること〜」
の開催(ご案内)
◇ 公開シンポジウム「グローバル化の時代における法と法学教育:国際関
係法を中心に」の開催(ご案内)
◇ 「学士課程教育における経営学教育の在り方―経営学教育の質保証に向け
て―」の開催について(ご案内)
◇ 公開シンポジウム「科学の社会的責任」の開催(再案内)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■-----------------------------------------------------------------
公開シンポジウム「ヒトの社会と愛〜ラミダス猿人化石からわかること〜」
の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------■

自然人類学の研究の中心は、現在でも化石骨の研究である。昨年、アフリカ
で発見されたラミダス猿人の研究成果が一連の論文として日本の研究者を含む
国際チームによって発表された。
その成果には、ラミダス猿人の男女差が小さいという、人間の特徴がすでに現
れていた。そこで、日本におけるラミダス猿人研究の中心である諏訪元教授に
まず講演していただき、さらに男女の性差についての考察を、長谷川真理子教
授(日本学術会議連携会員)が話すという形式で、数百万年にわたる人類進化
を立体的に議論する機会を提供したい。

◆日時:平成23年2月6日(日)14:00〜17:00
◆場所:東京大学 理学部2号館 大講堂
(地図:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_06_02_j.html)
◆主催:日本学術会議基礎生物学委員会・統合生物学委員会合同自然人類学分科会、
日本人類学会、東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻、東京大学総合研究博物館
◆共催:日本霊長類学会、日本文化人類学会
◆次第(予定):
14:00〜14:05 主催者あいさつ
14:05〜15:05 講演:ラミダス猿人化石の全容 
諏訪元(東京大学総合研究博物館・教授)
15:05〜15:35 コメント 
馬場悠男(国立科学博物館・名誉館員)
山極寿一(京都大学大学院理学研究科人類進化論・教授)
中務真人(京都大学大学院理学研究科自然人類学・教授)
15:35〜15:50 休憩 
15:50〜16:30 講演:ヒトにおける性差:生物学と文化の交差点
長谷川眞理子(総合研究大学院大学・教授)  
16:30〜17:00 全体討論 

※事前申し込みは必要ありません。定員200名です。

詳細については、以下のURL(日本学術会議HP)を御覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/113-s-2-4.pdf

【連絡先】
国立遺伝学研究所 集団遺伝研究部門 
斎藤研究室
Email saitounr@lab.nig.ac.jp 
電話 055-981-6790
http://anthropology.lab.nig.ac.jp/

【問い合わせ先】
日本学術会議事務局第二部担当 木田
Tel:03-3403-1091

■-----------------------------------------------------------------
公開シンポジウム「グローバル化の時代における法と法学教育:国際関
係法を中心に」の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------■

グローバル化の進行に伴い、それに対処できる人材の養成が喫緊の課題
となるが、分科会の検討結果を踏まえて、国際関係法教育を基本に据えつ
つ、広く実務における問題をも視野に入れながら、現状の把握と解決の方
向性を探る。

◆日時:平成23年2月14日(月)13〜17時
◆場所:日本学術会議6A(1)(2)会議室
◆次第(予定):
司 会:松井 芳郎(連携会員、立命館大学教授)
開会挨拶:広渡 清吾(第一部長、専修大学教授)

第1セッション:国際関係法教育における国際的な経験
* 「国際法研究・教育におけるグローバリゼーションへの対処――国際法
協会「国際法教育」委員会における経験を手がかりとして――」
報告者:森田章夫(連携会員・法政大学教授)
* 「大学国際法教育シラバスと教科書の比較検討――日中韓を例に――」
報告者:薬師寺公夫(立命館アジア太平洋大学教授)
* 「国際関係法学分野における教育・研究の国際協力」
報告者:吾郷真一(第1部会員・九州大学教授)
第2セッション:グローバル化時代における国内法教育の課題
* 「留学生に対する英語による日本法教育――刑事法を中心に――」
報告者:高山佳奈子(連携会員・京都大学教授)
* 「グローバル私法の勧め」
報告者:櫻田嘉章(第1部会員・甲南大学教授)
* 「国際関係法の立場から国内法教育に求めるもの――国際公秩序との
リンケージを中心として――」
報告者:小森光夫(連携会員・千葉大学名誉教授)
第3セッション:国際関係法教育における社会連携
* 「外交実務の立場から国際関係法教育に望むこと(仮題)」
報告者:三上正裕国際法課長(外務省)
* 「弁護士実務におけるグローバル化への対処について」
報告者:片山達(アンダーソン・毛利・友常法律事務所パートナー弁護士)
閉会挨拶:柳原正治(国際法学会理事長(予定))

※事前の申込みは必要ありません。

詳細については、以下のURL(日本学術会議HP)を御覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/115-s-1-1.pdf

■-----------------------------------------------------------------
「学士課程教育における経営学教育の在り方―経営学教育の質保証に向け
て―」の開催について(ご案内)
------------------------------------------------------------------■

日本学術会議経営学委員会「経営学教育の在り方検討分科会」(第21期)は、
平成23年度発足予定の「学士課程教育における経営学教育質保証」の審議に
向けて、「学士課程教育における経営学教育の在り方」の検討を行ってきま
した。本分科会での次のような事項を中心に審議を行ってきました。
(1) 経営学士、商学士、経営情報学士、経営工学士などの経営関連諸学士は
それぞれの専門分野においてどのような基本的知識・能力・技能を修得し
ておくべきか。
(2) 経営関連諸学士はその固有の分野の考え方と融合した考え方をどのよう
に体得しておくべきか。
(3) 経営関連諸学士が修得すべき知識と思考様式及び技能などの実践的力量
を教育するためにどのような教育課程及び教育方法があるか。
本年3月末には、本分科会として「学士課程教育の経営学教育の在り方」
(提言)を取り纏める予定です。それに先立ち、本分科会「中間提言案」
を公開し、経営学関連教育分野及び実業界の立場からの意見と検討を行う場
として本シンポジュウムを開催します。

◆開催日時:平成23年2月19日(土)13時〜17時
◆開催場所:日本学術会議講堂
◆主催:経営学委員会経営学教育の在り方検討分科会
◆次第:
総合司会  鈴木久敏(経営学教育の在り方検討分科会委員、筑波大学副学長)
開会の辞  藤永 弘(連携会員、経営学教育の在り方検討分科会委員長、青森公立大学教授)
(1) 基調講演
司会:吉原正彦(連携会員、同分科会委員、青森公立大学教授)
i 「学士課程教育における質保証」
広田 照幸(大学教育の分野別質保証の在り方委員会委員、日本大学教授)
ii 「学士課程教育における経営学教育の在り方」
沼上 幹(連携会員、同分科会委員、一橋大学大学院教授)
(2) パネル・ディスカッション「学士課程教育における経営学教育の在り方」
司会:奥林康司(連携会員、同分科会委員、摂南大学副学長)
パネリスト
・広田照幸(大学教育の分野別質保証の在り方委員会、日本大学教授)
・会計学教育分野:藤永 弘(連携会員、同分科会委員長)
・経営学教育分野:斎藤毅憲(連携会員、関東学院大学教授)
・商学教育分野:池尾恭一(同分科会委員、慶應義塾大学教授)
・経営工学教育分野:圓川隆夫(連携会員、東京工業大学社会理工学研究科教授)
・経営情報学教育分野:能勢豊一(同分科会委員、大阪工業大学教授)
・実業界の立場:森 正治(同仁医薬化株式会社代表取締役社長)
閉会の辞  平松一夫(第一部会員、同分科会委員、関西学院大学教授)
◆一般公開・入場無料

■-----------------------------------------------------------------
公開シンポジウム「科学の社会的責任」の開催(再案内)
------------------------------------------------------------------■
※1月14日に配信致しましたが、後援が正式に決定しましたので、再度
ご案内致します。

1999年にブダベストで開催された世界科学会議で、科学界は従来の「知識
のための科学」に加えて「社会のための科学」の確立を目指すことが宣言さ
れ、科学の力で社会の問題を解決することが期待された。また各国は経済的
発展を目指す「科学技術立国」政策を採用している。一方、科学者の不正行
為が科学の質の低下を招いている現実もある。したがって科学の社会におけ
る責任を果たすためには科学の質保証が必要である。また、最近の会長談話
で取り上げたホメオパシー問題のように、社会には非科学の横行や科学に対
する不信などの現実もあり、それらに対する対策も必要である。そこで生命
科学の各分野における科学と社会の関係に関する課題と対策について考えて
みたい。

◆主催:日本学術会議第二部

◆後援:日本医歯薬アカデミー、日本農学アカデミー、生物科学学会連合

◆日時:平成23年2月1日(火)13:00〜15:50

◆場所:日本学術会議講堂

◆次第(予定):
1 科学の社会的責任・課題と対策
浅島誠(日本学術会議第二部会員、産業技術総合研究所フェロー兼幹細胞工学研究センター長)

2 医学の社会的責任・課題と対策
桐野高明(日本学術会議第二部会員、(独)国立国際医療研究センター総長)

3 歯科医療の変遷      
米田俊之(日本学術会議第二部会員、大阪大学大学院歯学研究科生化学講座教授)

4 薬学の社会的責任・課題と対策
橋田充(日本学術会議第二部会員、京都大学大学院薬学研究科教授)

5 健康・生活科学の社会的責任・課題と対策 
南裕子(日本学術会議第二部会員、近大姫路大学学長)

6 農学・食料科学の社会的責任−課題と対策−
新山陽子(日本学術会議連携会員、京都大学大学院農学研究科教授)

7 理学の社会的責任・課題と対策
黒岩常祥(日本学術会議第二部会員、立教大学大学院理学研究科・極限生命情報研究センター長、特任教授)

8 ニセ脳科学のご注意
藤田一郎(大阪大学大学院生命機能研究科教授)

9 まとめ
唐木英明(日本学術会議第二部会員、東京大学名誉教授)

※事前の申込みは必要ありません。

詳細については、以下のURL(日本学術会議HP)を御覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/113-s-2-3.pdf

【問い合わせ先】
日本学術会議事務局第二部担当 青池、木田
Tel:03-3403-1091

********************************************************************
学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
********************************************************************
==================================================================== 
日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術
誌等への転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多く
の方にお読みいただけるようにお取り計らいください。
また、日本学術会議協力学術研究団体の指定を受けておられる学協会
におかれましては、メールアドレス、事務局及びその所在地、電話番号、
ファクシミリ番号、ホームページURL等に変更がありましたら、事務局
p228@scj.go.jp)まで御一報いただければ幸いです。
====================================================================
発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34   

【転送】日本学術会議ニュースメール ** No.282 **

2011年1月22日(土)  カテゴリー: メールマガジンの記録

=======================================================================
** 日本学術会議ニュースメール ** No.282 ** 2011/1/21      
=======================================================================
■-----------------------------------------------------------------
「金融危機、資産市場の変調とマクロ経済」の開催について(ご案内)
------------------------------------------------------------------■

2007年央以降の世界的な金融危機により、世界経済は大きな打撃を
受けた。その後、危機の第二幕ともいえるギリシャ等南欧諸国の財政赤字
問題が世界金融市場を大きく揺るがしている。
我が国においても、経済成長の低下に伴い、金融危機が90年代に深刻
化したほか、現在は格差問題など資産市場を巡る様々な問題が顕在化して
いる。そうした中で、政策当局は、金融市場や資産市場の動向がマクロ経
済に与える影響をどのように判断し、政策に生かしていくか、ということ
が改めて大きな課題となってきている。
金融政策、金融規制のあり方、また格差是正のための方策など、資産市
場の変化に伴い、政策体系を大きく見直さなければならないことが次第に
明らかになっている。こうした中で、経済学の視点から今後何が課題であ
るといえるのか、経済学研究において何が課題なのか、といった問題意識
に立ち、当分科会は、この1年間それぞれの研究者が問題意識を提起、分
析し、討論を行う形で議論を進めてきた。
当日は、その議論の成果を踏まえながら、この問題について第一線で研
究を行っている日本学術会議の研究者が登壇し、問題提起を行い、議論す
ることとする。

◆開催日時:平成23年2月7日(月)12時50分〜17時35分

◆開催場所:日本学術会議講堂

◆主催:経済学委員会資産市場とマクロ経済分科会

◆次第:
挨 拶:瀬古美喜(日本学術会議連携会員、
資産市場とマクロ経済分科会委員長、慶應義塾大学)
発表者:岩井克人(日本学術会議会員 経済学委員会委員長 国際基督教大学)
大竹文雄(日本学術会議連携会員 大阪大学)
小川一夫(日本学術会議連携会員 大阪大学)
翁 百合(日本学術会議会員 
資産市場とマクロ経済分科会副委員長、日本総合研究所)
瀬古美喜(日本学術会議連携会員、
資産市場とマクロ経済分科会委員長、慶應義塾大学)
高安秀樹(日本学術会議連携会員、ソニー研究所)
福田慎一(日本学術会議連携会員、東京大学)
本多佑三(日本学術会議連携会員 関西学院大学)
宮越龍義(日本学術会議連携会員、大阪大学)
柳川範之(日本学術会議連携会員、 
資産市場とマクロ経済分科会幹事、東京大学)
プログラム:
12:50-13:00  挨拶 (瀬古) 
13:00-14:20  第一セッション 金融政策と資産市場  
14:30-15:50  第二セッション 資産市場の変化
16:00-17:20 第三セッション マクロ経済と金融規制
17:20-17:35  議論のまとめ (岩井)

◆参加申込み
参加ご希望の方はURL: asset-macro2011.comより、お申込みください。
なお満員になりました場合には、お断りすることがありますことはご承知
おきください。

********************************************************************
学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
********************************************************************
==================================================================== 
日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術
誌等への転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多く
の方にお読みいただけるようにお取り計らいください。
また、日本学術会議協力学術研究団体の指定を受けておられる学協会
におかれましては、メールアドレス、事務局及びその所在地、電話番号、
ファクシミリ番号、ホームページURL等に変更がありましたら、事務局
p228@scj.go.jp)まで御一報いただければ幸いです。
====================================================================
発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34   

【転送】日本学術会議会員及び連携会員の候補者に関する情報提供について(お知らせ)

2011年1月14日(金)  カテゴリー: メールマガジンの記録

■-----------------------------------------------------------------------
日本学術会議会員及び連携会員の候補者に関する情報提供について(お知らせ)
------------------------------------------------------------------------■
各日本学術会議協力学術研究団体 事務局担当者 殿

いつもお世話になっております。
日本学術会議事務局です。
昨年11月19日に、下記のご依頼メールをもってご協力依頼をしております、
会員及び連携会員の候補者に関する情報提供について、よろしくご協力いただき
ますようお願いします。
なお、情報提供期間は、本11日から1月28日までとしておりますので、そ
の期間中に、以下のURLをクリックして、開いたフォームに必要箇所をご記入
いただき、送信してください。
なお、複数の情報提供を行う場合は、それぞれ1件ずつ送信してください。

https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0023.html

また、今回の改選にかかる資料は、日本学術会議ホームページ(選考委員会の
ページ)にございますので、ご参照ください。

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/senko/index.html

どうぞよろしくお願いします。

担当:日本学術会議事務局企画課選考係
電話:03−3403−1081
FAX :03−3403−6224(1月11日午後から使用)
Eメール as258@scj.go.jp

(22年11月19日に送信したもの)
■-----------------------------------------------------------------------
日本学術会議会員及び連携会員の候補者に関する情報提供について(ご依頼)
------------------------------------------------------------------------■
各日本学術会議協力学術研究団体の長 殿

日本学術会議会長       
金 澤 一 郎     

日本学術会議会員及び連携会員の候補者に関する情報提供について(依頼)

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、22期(平成23年10月〜26年9月)日本学術会議会員及び連携会員の
選考については、現在の会員及び連携会員が推薦し、日本学術会議自らが選考すると
いうコ・オプテーション方式によって行うこととしております。
日本学術会議は、このたびの選考に当たっては、科学者コミュニティから幅広く
情報を収集する観点から、日本学術会議会則第34条第4項の規定に基づき、
協力学術研究団体に対し、会員又は連携会員の候補者に関する情報提供をお願いする
こととしました。
つきましては、下記に基づき情報提供していただきたく、ご依頼申し上げます。
なお、この「情報提供」は、選考委員会が「現在の会員及び連携会員からの推薦
その他の情報に基づき選考する」に当たり、その参考情報として用いるものであって、
協力学術研究団体から直接推薦を求めるものではありませんので、ご留意ください。
また、情報提供に当たっては、情報提供される科学者ご本人のご了解をとらないもの
といたします。
また、いただいた情報については、日本学術会議における選考委員会限りとしている
ことから、貴団体におかれましても、外部への公表を控えるなど取扱いにご留意いただ
きますようお願い申し上げます。
貴殿の積極的なご協力を心からお願い申し上げます。

1 情報提供の対象
日本学術会議の会員及び連携会員(会員と連携会員の区分はしない。)として
ふさわしい優れた研究又は業績がある科学者の情報を提供してください。

2 情報提供の可能人数
1団体6名以内とし、うち2名以上は女性とします。

3 情報提供の範囲
ア 氏名(漢字、ふりがな)
イ 現職名
ウ 専門分野(科研費の細目から選択)
※科研費の細目は、日本学術会議ホームページをご覧ください。

4 情報提供の方法及び期間
以下のURLをクリックして、開いたフォームに必要箇所をご記入いただき、
平成23年1月11日(火)から同月28日(金)の間に送信してください。
なお、複数の情報提供を行う場合は、それぞれ1件ずつ送信してください。
https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0023.html
※フォームは情報提供期間中のみアクセスが可能です。

5 留意事項
ア 情報提供された科学者のより詳しい情報が必要な場合は、選考委員会が
調査を行いますが、その中で科学者本人に連絡を取る場合があります。
イ 選考経過及び結果は、団体に対し、個別に報告はいたしません。
発令の結果をご覧ください。
ウ 提供された情報は、選考実務の遂行の目的以外の用途に使用することは
ありません。

日本学術会議ホームページ(改選関係)はこちらです。
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/senko/index.html

担当:日本学術会議事務局企画課選考係
電話:03−3403−1081
FAX :03−3403−1260
Eメール as258@scj.go.jp

【転送】学術会議ニュース・メールNo.281

2011年1月14日(金)  カテゴリー: メールマガジンの記録

以下のメールを転送致します。
=======================================================================
** 日本学術会議ニュースメール ** No.281 ** 2011/1/14      
=======================================================================
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇ 公開シンポジウム「科学の社会的責任」の開催(ご案内)
◇ 第4回「犯罪からの子どもの安全」シンポジウム
「虐待かも・・・」 小さなサインを、大きな支援へ の開催(ご案内)
◇ 『FIRSTサイエンスフォーラム』の開催(ご案内)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++■

■-----------------------------------------------------------------
公開シンポジウム「科学の社会的責任」の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------■

1999年にブダベストで開催された世界科学会議で、科学界は従来の「知識
のための科学」に加えて「社会のための科学」の確立を目指すことが宣言さ
れ、科学の力で社会の問題を解決することが期待された。また各国は経済的
発展を目指す「科学技術立国」政策を採用している。一方、科学者の不正行
為が科学の質の低下を招いている現実もある。したがって科学の社会におけ
る責任を果たすためには科学の質保証が必要である。また、最近の会長談話
で取り上げたホメオパシー問題のように、社会には非科学の横行や科学に対
する不信などの現実もあり、それらに対する対策も必要である。そこで生命
科学の各分野における科学と社会の関係に関する課題と対策について考えて
みたい。

◆日時:平成23年2月1日(火)13:00〜16:00 (終了時間は予定です)
◆場所:日本学術会議講堂
◆次第(予定):
1 科学の社会的責任・課題と対策
浅島誠(日本学術会議第二部会員、
産業技術総合研究所フェロー兼幹細胞工学研究センター長)
2 医学の社会的責任・課題と対策
桐野高明(日本学術会議第二部会員、(独)国立国際医療研究センター総長)
3 歯科医療の変遷      
米田俊之(日本学術会議第二部会員、
大阪大学大学院歯学研究科生化学講座教授)
4 薬学の社会的責任・課題と対策
橋田充(日本学術会議第二部会員、京都大学大学院薬学研究科教授)
5 健康・生活科学の社会的責任・課題と対策 
南裕子(日本学術会議第二部会員、近大姫路大学学長)
6 農学・食料科学の社会的責任−課題と対策−
新山陽子(日本学術会議連携会員、京都大学大学院農学研究科教授)
7 理学の社会的責任・課題と対策
黒岩常祥(日本学術会議第二部会員、
立教大学大学院理学研究科・極限生命情報研究センター長、特任教授)
8 倫理的な心・不正をする心
藤田一郎(大阪大学大学院生命機能研究科教授)
9 まとめ
唐木英明(日本学術会議第二部会員、東京大学名誉教授)

※事前の申込みは必要ありません。

詳細については、以下のURL(日本学術会議HP)を御覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/113-s-2-3.pdf

【問い合わせ先】
日本学術会議事務局第二部担当 青池、木田
Tel:03-3403-1091

■-----------------------------------------------------------------
第4回「犯罪からの子どもの安全」シンポジウム
「虐待かも・・・」 小さなサインを、大きな支援へ の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------■

社会技術研究開発センター「犯罪からの子どもの安全」研究開発領域では、
現場の知恵や経験に科学的な知見や手法を導入することによって、防犯対策
が効果的で持続的な取り組みとなるよう、関与者のネットワーク構築と公募
型研究開発プログラムを推進しています。
本シンポジウムでは、深刻な社会問題である子ども虐待への科学的取り組
みの最前線をご紹介すると共に、子どもへの虐待を未然に防ぎ、深刻な事態
に陥る前に適切な支援につなげるために、私たちそれぞれに何ができるのか、
皆様と一緒に考えてみたいと思います。
皆様のご参加を心よりお待ちしています。

日時:2011年2月13日(日)13:00〜17:30 (開場 12:30)
会場:コクヨホール(東京都港区)
主催:(独)科学技術振興機構 社会技術研究開発センター
「犯罪からの子どもの安全」研究開発領域(http://www.anzen-kodomo.jp/)
【プログラム】
講演:虐待への科学的取り組みの最前線
◇ 子どもの虐待をどう見分けるか
山中 龍宏 (独立行政法人 産業技術総合研究所 チーム長)
◇ 子どもに事実を話してもらうために
仲 真紀子 (北海道大学 教授)
◇ 子ども虐待と非行の関係を探る
杉山 登志郎(浜松医科大学 特任教授)
パネルディスカッション:小さなサインを、大きな支援へ
コーディネーター:奈良 由美子 (領域アドバイザー/放送大学 教授)
パネリスト:相澤 仁 (国立 武蔵野学院 院長)
山本 恒雄(日本子ども家庭総合研究所 家庭福祉研究担当部長)
講演者3名
ポスターセッション:全13研究開発プロジェクト

シンポジウムの詳細、お申込はこちら(参加費無料)
→ http://www.the-convention.co.jp/kodomo_sympo4/

【問い合わせ先】(株)ザ・コンベンション内「犯罪からの子どもの安全」
シンポジウム事務局
TEL:03-3423-4180/FAX:03-3423-4108
E-mail:ryoiki4@the-convention.co.jp

■-----------------------------------------------------------------
『FIRSTサイエンスフォーラム』の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------■

独立行政法人科学技術振興機構では、高校生などの若者と世界トップクラスの
日本の科学者が語り合うフォーラム『FIRSTサイエンスフォーラム 〜
トップ科学者と若者で切り拓く未来 〜』を平成23年2月から3月に東京、大阪、
京都にて4回開催します。
このフォーラムでは、総合科学技術会議が推進するFIRST(Funding Program
for World-Leading Innovative R&D on Science and Technology)プログラムに
選ばれた科学者に参加していただき、世界をリードする研究の最前線の様子を
紹介するとともに、若者との双方向のコミュニケーションを通じて、最先端の
科学技術や科学者を若者に身近に感じてもらい、次世代の科学技術を担う人材の
裾野の拡大につながることを期待しています。

本フォーラムは、主に高校生・高専生を対象としておりますが、一般の方の
参加も可能で、参加費は無料です。
御関心のある方々は、ぜひ以下サイトにて詳細情報を御確認のうえ、参加お申
込みください。
http://first-pg.jp(JSTホームページへリンク)

<開催日程> 
第1回 平成23年2月13日(日) 14:00〜17:00 (東京)
「ワンダー:科学は自分の周りの驚きからはじまる!」
第2回 平成23年2月20日(日) 14:00〜17:00 (大阪)
「ブレークスルー:自分の常識と限界を打ち破れ!」
第3回 平成23年3月13日(日) 14:00〜17:00 (京都)
「ドリーム:未知の世界をつくる担い手は誰だ!」
最終回 平成23年3月26日(土) 14:00〜17:00 (東京)
「ファースト:世界一の研究をめざして!」

<主催・後援>
主催:独立行政法人科学技術振興機構
後援(予定):内閣府、文部科学省、独立行政法人日本学術振興会

<お問い合わせ先>
FIRSTサイエンスフォーラム事務局
Tel:03−3481−9245(平日 10:00〜17:00)

********************************************************************
学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
********************************************************************
==================================================================== 
日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術
誌等への転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多く
の方にお読みいただけるようにお取り計らいください。
また、日本学術会議協力学術研究団体の指定を受けておられる学協会
におかれましては、メールアドレス、事務局及びその所在地、電話番号、
ファクシミリ番号、ホームページURL等に変更がありましたら、事務局
p228@scj.go.jp)まで御一報いただければ幸いです。
====================================================================
発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34   

【転送】学術会議ニュース・メールNo.280

2010年12月27日(月)  カテゴリー: メールマガジンの記録

【SCJ】公開シンポジウム「地球温暖化の農業・地域への影響と適応策」の開催(ご案内)− 学術会議ニュース・メールNo.280
を転送いたします。

=======================================================================
** 日本学術会議ニュースメール ** No.280 ** 2010/12/24      
=======================================================================
■-----------------------------------------------------------------
公開シンポジウム「地球温暖化の農業・地域への影響と適応策」の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------■

◆日  時:平成23年1月21日(金)13:00〜17:00

◆場  所:九州大学国際ホール(九州大学箱崎キャンパス)
(福岡市東区箱崎6−10−1)

◆主  催:日本学術会議農学委員会農業生産環境工学分科会、
環境省地球環境研究総合推進費S-8(2)「地域社会における
温暖化影響の総合的評価と適応政策に関する研究」班

◆後  援:日本農業気象学会九州支部九州の温暖化研究会

◆開催趣旨:最近の世界各地で起こっている異常な気象現象を見聞きするにつけ、
地球温暖化が実際にはすでにかなり進行しているように感じられる。
このような気象変動に対して、研究的な立場からはもちろんのこと、
環境省や農林水産省を初めとする各省や地方自治体、民間が種々の
知恵を出して取り組んでいる。他方、農業や地域における温暖化現象
は、気象現象そのものの変化より時間的遅れがあるとともに、変化幅
が減少されて現れることが推測されるが、現れてしまってからでは手
遅れになる可能性が大きい。今回のシンポジウムでは、特に、西南暖
地の農業と地域の問題に焦点を当て、温暖化への対策や方策を執って
いる事例を取り挙げ、農業と地域に対する今後の科学的対応への参考
としたい。

◆次  第:
13:00−13:10 開会の挨拶
真木太一(日本学術会議会員、農業生産環境工学分科会委員長、
筑波大学北アフリカ研究センター、
九州大学名誉教授)
13:10−13:50 座長:青木正敏(日本学術会議連携会員、東京農工大学)
(1)地球温暖化の気象学的側面 伊藤久徳(九州大学)
13:50−14:30 座長:北野雅治(九州大学)
(2)果樹の温暖化影響と適応策 杉浦俊彦(果樹研究所)
14:30−15:10
(3)温暖化に伴う降雨の変動と畑作物の水管理対応策
−技術の開発と普及−
黒瀬義孝(近畿中国四国農業研究センター)
15:10−15:30 (休憩)
15:30−16:10 座長:早川誠而(日本学術会議連携会員、山口大学名誉教授)
(4)温暖化と水田の水資源
−気候変動が稲の水利用に及ぼす影響−
丸山篤志(九州沖縄農業研究センター)
16:10−16:50
(5)地球温暖化の影響と適応
−水資源・防災・環境の視点から−
小松利光(日本学術会議連携会員、九州大学)
16:50−17:00 閉会の挨拶
橋本康(日本学術会議連携会員、農業生産環境工学分科会副委員長、
愛媛大学名誉教授)

◆参加無料

◆申込み:申込者の連絡先住所、所属、氏名、電話番号等を記載。E-mail、郵便にて。150名で締切。

◆申込み、連絡先:東京農工大学大学院 農学研究院 青木正敏  
〒183-8509 東京都府中市幸町3-5-8 
TEL:042-367-5727 
E-mail:aoki.mas@cc.tuat.ac.jp

詳細については、以下のURL(日本学術会議HP)を御覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/112-s-2-1.pdf

【問い合わせ先】
日本学術会議事務局第二部担当 木田
Tel:03-3403-1091

********************************************************************
学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
********************************************************************
==================================================================== 
日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術
誌等への転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多く
の方にお読みいただけるようにお取り計らいください。
また、日本学術会議協力学術研究団体の指定を受けておられる学協会
におかれましては、メールアドレス、事務局及びその所在地、電話番号、
ファクシミリ番号、ホームページURL等に変更がありましたら、事務局
p228@scj.go.jp)まで御一報いただければ幸いです。
====================================================================
発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34   

【転送】学術会議ニュース・メールNo.279

2010年12月17日(金)  カテゴリー: メールマガジンの記録

【SCJ】公開シンポジウム「『健康・生活価値』の探求−健康・生活科学委員会からの学術・教育への緊急提言」の開催(ご案内) 他− 学術会議ニュース・メールNo.279
を転送いたします。
=======================================================================
** 日本学術会議ニュースメール ** No.279 ** 2010/12/17
=======================================================================
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇ 公開シンポジウム「『健康・生活価値』の探求−健康・生活科学委員会から
の学術・教育への緊急提言」の開催(ご案内)
◇ 公開シンポジウム「バイオ医薬品の新たな潮流」の開催(ご案内)
◇ 日本学術会議東北地区会議主催地域振興・東北地区フォーラム
「テーラーメード医療の現状と展望」の開催(ご案内)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++■
■-----------------------------------------------------------------
公開シンポジウム「『健康・生活価値』の探求−健康・生活科学委員会
からの学術・教育への緊急提言」の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------■

◆日  時:平成23年1月7日(金)、13:00〜17:00頃
◆場  所:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7−22−34)
◆主  催:日本学術会議健康・生活科学委員会 
◆共  催:日本医歯薬アカデミー(予定)
◆次  第:
○開会挨拶と趣旨説明:
南 裕子(日本学術会議第二部会員・同健康・生活科学委員会委員長、
近大姫路大学学長)

○会長ご挨拶:
金澤一郎(日本学術会議会長、宮内庁皇室医務主管)

○司会と進行: 
春日文子(日本学術会議第二部会員・同健康・生活科学委員会幹事、
国立医薬品食品衛生研究所室長)

○シンポジスト
1)公衆衛生学分野から     
岸 玲子(日本学術会議第二部会員・同健康・生活科学委員会副委員長、
北海道大学環境健康科学研究教育センター長・特任教授)
2)看護学分野から       
太田 喜久子(日本学術会議連携会員、慶応大学看護医療学部教授)
3)スポーツ健康科学分野から  
福永 哲夫(日本学術会議第二部会員、鹿屋体育大学学長)
4)生活科学分野から      
片山 倫子(日本学術会議第二部会員、・同健康・生活科学委員会幹事、
東京家政大学家政学部教授)

○総括
南 裕子(日本学術会議第二部会員・同健康・生活科学委員会委員長、
近大姫路大学学長)

○シンポジウムの閉会
岸 玲子(日本学術会議第二部会員・同健康・生活科学委員会副委員長、
北海道大学環境健康科学研究教育センター長・特任教授)

★連絡先
近大姫路大学 南裕子
電話079-247-7422

★参加無料、事前申込み不要

詳細については、以下のURL(日本学術会議HP)を御覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/113-s-2-2.pdf

【問い合わせ先】
日本学術会議事務局第二部担当 青池
Tel:03-3403-1091

-----------------------------------------------------------------
公開シンポジウム「バイオ医薬品の新たな潮流」の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------■

◆日  時:平成23年1月21日(金)、10:00〜16:45
◆場  所:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7−22−34)
◆主  催:日本学術会議薬学委員会生物系薬学分科会
◆共  催:日本薬学会
◆次  第:

10:00−10:15 挨拶
【座長:山元弘/神戸学院大学薬学部】
10:15−10:45 バイオ医薬品の新たな展開と国民の期待
山口照英 独立行政法人医薬品医療機器総合機構
10:45−11:15 トシリズマブ−日本発の抗体医薬品第一号
大杉義征 株式会社中外製薬
11:15−11:45 バイオ医薬品による疾病治療の最適化を目指して
堤康央 大阪大学薬学研究科・医薬基盤研究所
11:45−13:15 昼休憩

【座長:眞弓忠範/神戸学院大学大学院薬学研究科】
13:15−13:45 機能性オリゴ核酸を用いた創薬とそれを支えるDDS技術
岡田弘晃 東京薬科大学薬学部
13:45−14:15 抗体医薬品の品質・安全性評価の新潮流
川崎ナナ 国立医薬品食品衛生研究所生物薬品部
14:15−14:45 喘息における分子標的治療
大田健 帝京大学医学部
14:45−15:00 休憩

【座長:花岡文雄/学習院大学理学部】
15:00−15:30 核酸医薬品の課題と開発戦略
中澤隆弘 アンジェスMG株式会社
15:30−16:00 RNAの造形力を利用したアプタマー創薬
中村義一 東京大学医科学研究所
16:00−16:30 バイオ医薬への期待と今後の課題
宮田満 日経BP社
16:30−16:45 まとめ 西島正弘 日本学術会議薬学委員会生物系薬学分科会委員長

★連絡先
国立医薬品食品衛生研究所長 西島正弘/担当:若林由紀子
電話03-3700-5219
E-mail:ywakabayashi@nihs.go.jp

★参加無料、事前申込み不要

詳細については、以下のURL(日本学術会議HP)を御覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/113-s-2-1.pdf

【問い合わせ先】
日本学術会議事務局第二部担当 青池
Tel:03-3403-1091

-----------------------------------------------------------------
日本学術会議東北地区会議主催地域振興・東北地区フォーラム
「テーラーメード医療の現状と展望」の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------■

◆日  時:平成23年1月28日(金)、13:00〜17:20
◆場  所:メルパルク仙台(宮城県仙台市宮城野区榴岡5−6−51)
◆主  催:日本学術会議東北地区会議
◆次  第:

13:00−    開会挨拶 金澤 一郎(日本学術会議会長)
栗原 和枝(日本学術会議東北地区会議代表幹事、
日本学術会議第3部会員)

【第1部 基調講演】 
13:20−14:10 「国立がん研究センターの改革とテーラーメード医療」
嘉山 孝正(独立行政法人国立がん研究センター理事長、
日本学術会議連携会員)
14:10−15:00 「個人化医療への期待」
笹月 健彦(九州大学高等研究院特別主幹教授、
日本学術会議連携会員)

【第2部 パネルディスカッション】
15:10−17:10 テーマ「テーラーメード医療の現状と展望」
コーディネーター 
菅村 和夫(宮城県立がんセンター総長、
日本学術会議第2部会員)
石岡 千加史(東北大学加齢医学研究所教授)
パネリスト
嘉山 孝正(基調講演者)
笹月 健彦(基調講演者)
伊東 恭悟(久留米大学医学部教授)
貫和 敏博(東北大学大学院医学系研究科教授、
日本学術会議連携会員)
山本 雅之(東北大学大学院医学系研究科長・教授、
日本学術会議連携会員)

17:10−    閉会挨拶 吉本 高志(独立行政法人大学入試センター理事長、
東北大学前総長、日本学術会議第2部会員)

○総合司会 渡邉 誠(東北福祉大学総合福祉学部教授、
日本学術会議第2部会員)

★問い合わせ先
日本学術会議東北地区会議事務局(東北大学研究協力部研究協力課内)担当:佐藤、水戸
電話022-217-4840 FAX022-217-4841
E-mail:kenkyo@bureau.tohoku.ac.jp

★参加無料
ご参加を希望される方は、氏名、会社又は機関名、連絡先をご記入の上、
上記FAX又はメールでお知らせください。
なお、登録完了のご連絡は行いませんので、直接会場にお越しください。

********************************************************************
学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
********************************************************************
==================================================================== 
日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術
誌等への転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多く
の方にお読みいただけるようにお取り計らいください。
また、日本学術会議協力学術研究団体の指定を受けておられる学協会
におかれましては、メールアドレス、事務局及びその所在地、電話番号、
ファクシミリ番号、ホームページURL等に変更がありましたら、事務局
p228@scj.go.jp)まで御一報いただければ幸いです。
====================================================================
発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34   

科学教育研究レター200号発行

2010年12月17日(金)  カテゴリー: メールマガジンの記録

科学教育研究レター200号が発行されました。

https://jsse.jp/~files/jsse200.pdf

■ ニュースレター200号記念学会長挨拶
  科学教育研究レター200号の発行に寄せて
■ 総会
  第34回定時総会報告
■ 理事会だより
  第240回理事会報告
  第241回理事会報告
  第243回理事会報告(案)
  第34回顧問会・評議員会・支部役員会合同会議報告
■ 年会
  第35回年会開催案内(第2次)
■ 若手の会
  第35回年会での会合
  若手の会メーリングリストのご案内
■ 研究会・支部だより
  平成22年度第5回研究会(中国支部主催)のご案内
■ 編集理事会だより
  平成22年度第2回編集理事会報告
■ 会員の声
  国際貢献賞を受賞して
■ 広報委員会からのお知らせ

第15回CSERSシンポジウムのご案内

2010年12月3日(金)  カテゴリー: メールマガジンの記録

第15回CSERSシンポジウム 「小学校教員の資質確保に向けて」

CSERS 教科理科関連学会協議会
議長  内記 昭彦(日本地学教育学会) 

シンポジウム趣旨
現在、国際的な調査等の結果を基に、「生きる力」の育成のために学校
教育におけるさらなる理数系内容の充実が求められています。そしてその
充実をめざして、理数系授業時間数の増加、補助教材の配布など様々な取
り組みがなされています。これらの取り組みをふまえ、平成20年3月文部
科学省から学習指導要領が告示されました。
一方、小学校で子どもたちに理科を教える小学校教員の資質の問題が以
前にも増して大きなものとなっています。大きな理由として、教員養成か
らは小学校教員養成が文系学部であり入学までに理科の各教科を十分に履
修していないことや、教育課程の大綱化により履修科目の少ないことがあ
げられます。また、学校規模が縮小し理科を専攻した教員がいない学校が
多く出現していること,そのためこれまで現場で積み上げられたノウハウ
が伝わりにくいこと等が学校現場からの問題としてあげられます。
今回CSERSでは、理科を教える小学校教員の資質の確保についての取り
組みについてのシンポジウムを企画しました。シンポジウムでは、まず
教員養成や行政の立場からご講演頂きます。ついでCSERSを構成する各
学会から各学会(教科)固有の問題を含めたコメントを頂戴し、資質の確
保についての具体的な方向性を探りたいと思います。

日時 2010年12月4日(土) 12:50-17:00(受付開始 12:30)
会場 化学会館7階ホール

趣旨説明 2010年度CSERS議長 内記昭彦(日本地学教育学会)
12:50-13:00
講演1    「小学校の理科教育の充実に向けて」
13:00-13:50     日本理科教育学会 橋本健夫氏 長崎大学教育学部

講演2 これからの理科教育と教師に求められること
13:50-14:40     文部科学省 村山哲哉氏 初等中等教育局教育課程課
教科調査官 小学校理科担当

<休 憩 14:40-14:50>
各学会からのコメンテーター
・日本化学会化学教育協議会 山口晃弘氏 品川区立小中一貫校日野学園
「理科担当教員の資質向上への取り組み・小中学校の現場から」
・日本地学教育学会 中林俊明氏 つくばみらい市立谷井田小学校
「小学校教員の資質確保に向けて」
・日本物理教育学会 井田哲夫氏 早稲田大学系属早稲田実業学校初等部
「安定した小学校理科教育の担い手確保のために」
・日本生物教育学会 鶴岡義彦氏 千葉大学教育学部
「理科を教える小学校教員の養成に関する現状と課題」
14:50-16:10 各20分
司 会  下井 守(日本化学会/化学教育協議会)
<休 憩 16:10-16:20>

総合討論
16:20-17:00
司 会 松原静郎(日本科学教育学会),荘司隆一(日本理科教育学会)

お問い合わせは CSERS事務局 間々田まで BXS00633@nifty.com

日本科学教育学会研究会&中国支部研究発表会の御案内

2010年11月11日(木)  カテゴリー: メールマガジンの記録

日本科学教育学会研究会&中国支部研究発表会の御案内

平成23年度から新学習指導要領が完全実施され,これに対応した教育研究とそれに基
づく実践のあり方が求められています.そこで,小学校から大学までの教員や研究者
が「新時代に対応した科学教育研究と実践」をテーマとして様々な立場から議論した
いと思います.つきましては,下記の要領で研究発表を募集しますので,多数の方々
の申込みをお待ちしております.なお,テーマに関する発表以外で科学教育全般に関
する研究発表も歓迎いたします.


主  題: 新時代に対応した科学教育研究と実践
主  催: 日本科学教育学会,日本科学教育学会中国支部
後  援: 岡山県教育委員会(予定),岡山市教育委員会(予定)
日  時: 2011年 6月4日 (土) 10:00〜17:00
会  場: 就実大学 E館
対  象: 学会員,小学校・中学校・高等学校・大学教員,学生,社会人
参 加 費: 学会員は無料,学会員でない方は500円です.
参加予定者数: 約50人
注) 講演論文集を1000円で販売します.
学会HP:https://jsse.jp/jsse/
アクセス方法:JR岡山駅から山陽本線または赤穂線に乗車3分,西川原駅で下車・徒
歩1分
就実大学U RL:http://www.shujitsu.ac.jp/web/
申込先(連絡先): 秋吉博之  E-Mail: jsse201106@shujitsu.ac.jp (研究会
用)
〒703-8516 岡山県岡山市中区西川原1-6-1 就実大学教育学部
申込締め切り: 2011年5月6日(金)
発表原稿の締め切り: 2011年5月20日(金)
会場世話人:秋吉博之 TEL&FAX:086-271-8372(直通)

国際シンポジウムのご案内

2010年11月4日(木)  カテゴリー: メールマガジンの記録

国際社会科学評議会(ISSC)、国際哲学・人文学会議(CIPSH)より下記のように国際シンポジウムの案内がありました。
詳しくはhttp://www.iris-research.com/issc/
を御覧下さい。

2010年12月13(月)、14日(火)の両日、名古屋で国際社会科学評議会(ISSC)、国際哲学・人文学会議(CIPSH)の合同国際シンポジウムが開催されます。
ISSCやCIPSHには、世界の国際的な研究機関や国の代表的な研究機関が所属しており、
世界中から80名程度のトップレベルの研究者が名古屋に集結します。
ぜひ多くの日本の研究者の皆様に参加していただき、今後の国際的ネットワークの構築にお役立ていただければ幸いに存じます。

児玉克哉
国際社会科学評議会副会長
三重大学学長補佐・人文学部教授