第 18 回 統計教育の方法論ワークショップ :理数系教員授業力向上研修会(東京)

2021年2月3日(水)  カテゴリー: 会員からの情報提供

第 18 回 統計教育の方法論ワークショップ
・理数系教員授業力向上研修会(東京)
The 18th Japan Conference for Teaching Statistics, JCOTS2021

初等中等から大学に至る統計・データサイエンス教育の体系化と評価の枠組み

日時:2021 年 2 月 26 日(金)―2020 年 2 月 27 日(土)
場所:オンライン(zoom)※申込者に後日、会議アドレスをお知らせします。
参加費:無料
参加申込:次の申込ページで受け付け(2021 年 2 月 24 日まで)
https://kokucheese.com/event/index/607863/
=====================================

AI・データサイエンス・統計人材育成に向けて世界中で初等中等教育、
大学等高等教育、社会人のリカレント教育の各場面での教育改革が
進行しています。本WSでは、アメリカ統計学会統計教育分科会次期会長
および統計数理研究所長の講演を含め、国内外での統計・データサイエンス
教育の動向を講演者と議論します。関心をお持ちの皆様のご参加を
お願いいたします。

教員の公募について(大阪教育大学)

2020年12月9日(水)  カテゴリー: 会員からの情報提供

大阪教育大学 教育学部 理科教育部門では,テニュアトラック教員(特任准教授または特任講師)1名を公募しています。
皆さまからのご応募をお待ちしております。
また,関係の方々へご周知くださいますよう,お願い申し上げます。

応募書類の締切は,令和3年1月6日(水)17:00【必着】です。

詳細は以下をご覧ください。
大学Webサイト https://osaka-kyoiku.ac.jp/_file/jinji/ninyodaigaku/r03rikakyoiku_koubo.pdf
JREC-IN    https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D120111954&ln_jor=0

産業競争力懇談会COCNフォーラム2020 のご案内について

2020年11月19日(木)  カテゴリー: 会員からの情報提供

産業競争力懇談会COCNフォーラム2020 
「COCNが考える『今やらなければならないこと』」のご案内

【概要】
産業界の有志企業等から発足した産業競争力懇談会(COCN)では
第12回となる「COCNフォーラム2020」を開催します。
今回のフォーラムではCOCNが考える「今やらなければならないこと」と題して、
新型コロナ禍にあって新しい生活様式を余儀なくされる中でも未来を見据え、
日本の産業界にとって、重要なテーマである「環境・エネルギー問題」と「人材育成」を取り上げました。

特に第二部では、「これからの社会を担う人材をつくる」と題し、
STEAM教育プラットフォームの推進テーマ活動からの問題提起と、
海外を含めたベストプラクティスの紹介の後、パネルディスカッションを行います。

教員や教育関係者の皆様、ぜひご覧ください。

【URL】
http://www.cocn.jp/

【日 時】2020年12月16日(水)13:30〜17:00(第2部 15:30~17:00)

【場 所】オンラインフォーラム(Zoomウェビナー)

【対 象】学生、教員、教育関係者、一般、STEAM教育に関心のある方

【参加費】無料

【定 員】オンライン登録1,500名(先着順)
事前のご登録が必要です。

【申 込】
上記URLのフォーラムボタンから指定の登録サイトに移動してお申し込みを受け付けております。

【お問い合わせ先】
COCNフォーラムの内容については、下記COCN事務局にお問合せください。
オンライン接続に関係するご質問は登録サイトに記載の問合せ先までお願いします。
TEL:03-5510-6931
E-mail:jimukyoku@cocn.jp

教員の公募について(文教大学)

2020年8月8日(土)  カテゴリー: 会員からの情報提供

1. 採用職種
教授、准教授又は専任講師 1 名

2. 所属
教育学部 学校教育課程 理科専修【専門分野:理科教育】

3. 担当科目
理科教育I、理科教育II、教職実践演習(小・中・高)、卒業研究、教科概説「理科」等(学部)
理科授業実践論(専攻科)

詳細は次のURLをご覧ください.
https://www.bunkyo.ac.jp/recruit/
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=2&id=D120071689&ln_jor=0

教員の公募について(鳴門教育大学)

2020年7月10日(金)  カテゴリー: 会員からの情報提供

鳴門教育大学・自然・生活系教科実践高度化コース(数学科教育実践分野)

人数:1名

職種:准教授・常勤専任講師相当

研究分野:解析学

締切:令和2年8月21日(金)午後5時(必着)

詳細は次のURLをご覧ください.
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D120070167&ln_jor=0
http://www.naruto-u.ac.jp/staff068.html

教員の公募について(北海道大学)

2019年12月24日(火)  カテゴリー: 会員からの情報提供

北海道大学オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門採用情報

科学技術コミュニケーション等を専門とする者(特任助教または博士研究員 )

【職位及び人員】 特任助教または博士研究員  2名

【勤務形態】常勤

【主な日程】採用予定日  令和2年4月1日、もしくはそれ以降のできるだけ早い日
      公募締め切り  令和2年01月20日 必着

詳細は次のURLをご覧ください.
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D119121447&ln_jor=0

教員の公募について(琉球大学)

2019年7月16日(火)  カテゴリー: 会員からの情報提供

1.公募人員 准教授または講師 1 名

2.所 属 教育学部理科教育講座

3.専門分野 理科教育(主に地学系領域)・学校教育実践

4.担当予定科目
(学 部)
【理科教育専修】
理科教育法C、自然科学概論、初等理科教育法(理科教育研究)(分担)、地学II、他
【教育実践学専修】
学校教育専攻必修科目(分担)、教職体験II(分担)、小学校教育フィールドワーク(分担)、 小学校教育研究法I・II、教職実践演習(分担)、卒業研究I・II、他
着任後は、小学校、中学校及び高等学校の理科の指導法科目、地学専門科目(特に気象学、天文学)を担当していただきます。あわせて当分の間、小学校教員の養成を主目的とする教育実践学専修の教育・運営に関わっていただきます。
(大学院) 理科教育特論A・B、理科教育特論演習A・B、理科教育実践研究A、授業づくりと指導法の高度化、他
担当科目は、教職課程認定基準の変更や学部教育組織の改組等によって変更す
ることがあります。

5.研究分野
(1)大分類:社会科学 小分類:教育学
(2)大分類:複合領域 小分類:科学教育・教育工学
(3)大分類:数物系科学 小分類:地球惑星科学

6.応募資格
(1)博士または修士の学位を有する者。
(2)理科教育学を専門とし、教育実践に関する教育・研究に取り組める者で、教育学部の理念と目的を十分に理解し、教員養成・教師教育にも意欲のある者。
(3)地学の分野において教育・研究業績を有し、学部及び大学院において熱意を持って専門教育・研究指導を行い、理科教育(特に地学領域)に関する教職科目を担当できる者。
(4)小学校教諭、中学校教諭(理科)または高等学校教諭(理科)のいずれかの一種もしくは専修免許状を有する者(小学校、中学校又は高等学校等の教員として実務経験があることが望ましい)。
(5)着任後も専門領域の研究を発展的に継続し、教育と研究を両立することができる者。
(6)母語・国籍は問わないが、職務内容を遂行するに足る日本語能力と日本の学校教育についての理解を有すること。

7.待遇
雇用形態:常勤(1日7時間45分、週5日勤務)
給 与:経歴によって算定(国立大学法人琉球大学職員給与規程による)
諸手当:通勤手当・住居手当等(国立大学法人琉球大学職員給与規程による)
休 日:日曜日及び土曜日、国民の祝日に関する法律に規定する休日、年末年始
(12月29日〜1月3日)、その他特に指定する日
福利厚生:文部科学省共済組合に加入

8.応募期間 令和元年9月17日(火)午後5時必着

9.採用予定日 令和2年4月1日

応募書類・選考方法等の詳細情報は琉球大学のウェブサイトをご覧ください。
http://www.u-ryukyu.ac.jp/aboutus/facultymember/

教員の公募について(お茶の水女子大学)

2017年10月26日(木)  カテゴリー: 会員からの情報提供

1. 職名及び人員
講師(Lecturer) 1名(常勤、年俸制、任期3年)

2. 所属
お茶の水女子大学 教学IR・教育開発・学修支援センター

3. 勤務場所
お茶の水女子大学
東京都文京区大塚2丁目1番1号
最寄り駅:東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅又は有楽町線護国寺駅から徒歩7分

4. 専門分野
小学校教科指導法

5. 主な担当科目
小学校のいずれかの教科の指導法に関する科目及び担当可能な本学の教職課程科目

6. 職務内容
教職課程に関する教育及び運営業務

7. 応募資格
(1)修士の学位を有する方(又はそれと同等以上の研究業績を有する方)
(2)小学校のいずれかの教科の指導法の科目の担当に関して過去5年以内に担当資格を認められている方、あるいは担当資格の基準を満たす研究業績を有する方

8. 雇用期間
平成30年4月1日以降手続き完了日(可能な限り早い時期)から3年
ただし、希望する場合は、審査に基づき1 回限り更新することが有り得る。その場合の任期は2年とする。
なお、採用日の前に本学と雇用契約があった者については、国立大学法人お茶の水女子大学任期付職員規程第3〜4条の規定により、直近の有期雇用契約終了日から、契約のない期間が一定以上経過していない場合は雇用を制限することがある。

9. 就業時間
8時30分〜17時15分(月曜日〜金曜日)を基本とする裁量労働制とする。
(上記時間は休憩時間60分を含む。)

10. 休日・休暇
国立大学法人お茶の水女子大学職員勤務時間、休暇等に関する規程による。
休日:原則として、土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12月29日〜1月3日)
ただし、業務の都合上、上記休日を勤務日として勤務することがある。
休暇:年次有給休暇、病気休暇、特別休暇

11. 給与
国立大学法人お茶の水女子大学年俸制適用職員給与規程に基づき支給する。
基本年俸360万円(基本年俸を12月で割った額を毎月支給)
税金及び福利厚生費(雇用保険料・共済組合掛金)の自己負担分を控除する。

12. 手当
国立大学法人お茶の水女子大学年俸制適用職員給与規程に基づき通勤手当を支給する。
なお、期末・勤勉手当の支給はなし。(ただし、通勤距離が2?未満の場合は、通勤手当を支給しない。また、採用日が月の中途の場合、通勤手当は翌月から支給する。)

13. 退職手当
なし。

14. 加入保険
労災、雇用保険、文部科学省共済組合に加入する。

15. 提出書類
(1)履歴書(写真貼付、捺印、学歴・職歴・受賞歴・所属学会・住所・E-mailアドレス等を明記し、非常勤講師の経歴には担当科目を記載すること)
(2)研究業績一覧(著書、論文(審査の有無別)、招待講演、学会発表、その他に分類すること)
(3)主要な論文等の別刷り又は写し(最終の学位取得にかかる論文(出版した場合は著書)を含めて5 点以内、業績一覧中に◯印を付すこと)
(4)女子大学に教員として就職することへの抱負(1,000字程度)
(5)教職課程に関する教育及び運営業務への抱負(2,000字程度)
(6)学位記の写し又は修了証明書若しくは学位授与証明書
(7)2名の方からの推薦状又は応募者について所見を求め得る方2名の氏名及び連絡先
(8)返信用葉書(書類受理通知用、宛先明記のこと)
なお、(3)、(6)、(7)及び(8)以外は、書式を原則A4判に統一すること。

16. 選考方法
(1)第1次選考 書類審査
(2)第2次選考 第1次選考合格者に対してのみ面接審査
(平成29年11月下旬〜12月上旬を予定)
実施日時等は、第1次選考合格者に、第1次選考結果と併せて通知します。
なお、面接等に係る旅費、宿泊費等は応募者の負担とします。
最終的な選考結果は、本人宛に郵送にて通知いたします。

17. 提出期限
平成29年11月20日(月)午後5時必着

18. 提出方法
封筒表面に「小学校教科指導法 教員応募書類在中」と朱記し、提出書類一式を書留又は簡易書留で郵送(宅配便も可)のこと。

19. 提出先
〒112-8610 東京都文京区大塚2丁目1番1号
国立大学法人お茶の水女子大学長 室伏きみ子宛

20. 問合せ先
お茶の水女子大学基幹研究院人間科学系 准教授 冨士原紀絵
Tel/Fax:03-5978-5472  E-mail:fujiwara.kie@ocha.ac.jp
お問い合わせは、原則E-mailでお願いいたします。

詳細はお茶の水女子大ウェブサイトをご覧ください。

教員の公募について(山梨県立大学)

2017年10月6日(金)  カテゴリー: 会員からの情報提供

人間福祉学部教員採用情報

理科教育・環境教育等を専門とする者(准教授または講師)

【職位及び人員】
准教授または講師 1名

【勤務形態】
常勤

【仕事内容】
[主な担当科目]
(学科専門科目)
「保育内容(環境)」「環境領域指導法」「初等理科指導法」「初等生活科指導法」「理科基礎」「生活科基礎」「教育内容(生活科・理科)?」「教育内容(生活科・理科)?」「教育内容(生活科・理科)?」

[学科教員全員で担当する科目]
「サービス・ラーニング?(就学前)?」「サービス・ラーニング?(小学校)?」「サービス・ラーニング?」「サービス・ラーニング?」「教職実践演習(幼・小)」「幼稚園実習?」「幼稚園実習?」「保育所実習?」「保育所実習?」「施設実習?」「施設実習?」「小学校実習?」「小学校実習?」「人間形成課題演習」「人間形成卒業研究?」「人間形成卒業研究?」

[担当することが望ましい科目]
・学科専門科目「教職入門(幼・小)」「生徒・進路指導(小学校)」
・中・高校教諭免許課程科目「学校インターンシップ(中・高)」

[その他の学内業務]
教授会、委員会など大学、学部の運営に係わる活動

詳しくは教員募集要領[PDF] をご覧ください。

【主な日程】
採用予定日 平成30年4月1日
公募締め切り 平成29年11月30日(木) 17時必着
応募書類ダウンロード

応募書類・詳細情報等はこちらをご覧ください。

教員の公募について(東洋大学)

2017年1月17日(火)  カテゴリー: 会員からの情報提供

1.採用職名 専任講師または准教授または教授

2.所属学部学科 文学部教育学科

3.募集人員 1名

4.専攻分野 理科教育学

5.担当授業科目
学部:(第1部)教育学演習?A・?B,教育学ゼミナール?,教育学卒論ゼミナール,初等科理科,初等教科教育法(理科),初等教科教育法(生活),初等教育実践研究BA・BB, 等
   (第2部)教育実習?・?(事前・事後指導を含む),等
 ※可能であれば、大学院の科目(理科教育研究演習,環境教育論特殊講義,他)を担当していただく予定です。

6.業務内容 教育業務,研究業務,入学試験関連業務,往還型教育実習関連業務等

7.勤務地 東洋大学白山キャンパス(東京都文京区)

8.応募資格
(1) 専攻分野について公刊された学術的な著書または論文をあわせて3点以上有すること。なお,博士論文を著書に数えることができる。
(2)大学院博士前期課程(修士課程)修了,または,それ以上の研究業績を有すること。
(3) 英語による授業ができること,もしくは,留学生の学習指導,海外への引率指導ができること。
(4)学校教育現場での教員経験がある者が望ましい。
(5)文部科学省の小学校教員養成課程認定の専任教員の要件を満たす者。

9.採用予定日 平成29年4月1日

10.待 遇 本学の規定による(本学の定年は満65 歳)

11.応募締切 平成29年1月31日(火) 必着

12.選考方法
(1)第一次選考 書類及び研究業績による審査
(2)第二次選考 模擬授業及び面接
第一次選考の後,対象者に第二次選考の日時・場所等を連絡します。
第二次選考は,2月12日(日)に行う予定です。なお,第二次選考に係る交通費等は応募者各自でご負担いただくことになりますのでご了解ください。
 *文学部での選考終了後,最終面接があります。

13.提出書類
(1)履歴書 3部(うち2部はコピー可)
 a.学歴・学位・学会活動及び職歴・免許・資格・賞罰等をご記入ください。
 b.教歴のある方は担当科目もご記入ください。課程認定を受けたことがある場合は,そのことを明記してください。
 c.様式は自由,メールアドレスを明記してください。
(2)研究業績一覧 3部(うち2部はコピー可)
専攻分野に関する研究業績を著書,学術論文,その他,学会発表等に分類して一覧を作成し,主要な著書・学術論文5点以内に◎をつけてください。
(3)主要な研究業績 5点(5点に満たない場合は3点もしくは4点でもよい) 各3部(コピー可)
(4)専攻領域の教育について実践してきたこと,本学科での教育に関する抱負及び具体的な教育方法。英語による授業,もしくは,留学生の学習指導,海外への引率指導の経験またはそれについての抱負も併せて記述してください。(A4サイズ,2,000 字程度3部(コピー可))
 *応募書類は返却いたしません。ただし,返却を希望される場合は,宅配便送付用封筒・着払い伝票(返送先を明記)を同封してください。
  なお,採用が確定した方の提出書類に記載された個人情報は採用活動及び採用後の人事管理の目的の範囲で使用し,これ以外の目的に使用することはありません。その他の方の提出書類は,返送を希望される方を除き,本学で責任を持って処分いたします。

14.書類提出先 〒112-8606 東京都文京区白山5−28−20
  東洋大学文学部研究室事務室 宛
  「理科教育学教員応募書類在中」と朱書きのうえ,書留または宅配便で送付願います。

15.問い合わせ先
教育学科長 篠信之 E-mail shino@toyo.jp

以上

詳細は東洋大学webサイトをご覧ください。